FC2ブログ
 
哀しい…
2006-09-01 Fri 00:27
ご無沙汰しています。
最近仕事が忙しくて、めっきり更新の手が止まっております。
月末処理、これから月初の処理がはじまります。
9月中ごろには本店監査。
また、更新の手が止まってしまいますが、お許し下さい。
出来るだけ、お友達のブログへ遊びに行きますね(^^)



今回、どうしてもブログで取り上げたかったのです。
こんな事を知らなければ多分今日の更新は無かったのでは?
と、思っています。だからウェルやココの画像が無いが残念です。(ToT)

お友達のブログで見て、思わず目を背けたくなりました。
信じられなかった。こんな事が日本で起きているなんて。

栗桃ルーム
じげんですぅ
モモ走ります

でも取り上げられております。

Wan lifeさんのレスキューレポート

どうして、こんな事ができるの?
どうして、こんな事が起きているの?
ここは、何処なの?

子供さえ取れればそれで良いの?
自分が保護されたワンコ達の身になって考えた事、あるの?
悔しくて、なんて残酷で、ありえない位の哀しみがそこにあった。
なのに…
どうして、まだヒトを信じてくれてるの?
慕ってくれてるの??
こんな思いをしても…なぜ…?
そんな彼らが歯がゆくて、愛しくも感じました。

このレポートを見た時、ふと私の小3の甥っ子の事を思い出しました。
甥っ子はゲームが大好き。
そのせいか、命の大切さ・尊さ・重さを知らない。
ある時信じられないような事を吐き出した事がありました。

「死んだら、また買ってくればいい」

その言葉…
私 の 可 愛 い ウ ェ ル に 対 し て 言ってるの??
許せませんでした。怒り・憤りそれを通りお越して、涙が出ました。
確かにペットショップで命を買ってくる。
でも決して〔同じ命は無い〕
私が親なら引っ叩いているトコロです。
(兄がしこたま怒っていましたが)
ゲームとは違う。
リセットしたり、教会で生き返らせて貰える訳じゃない。
同じ目線でしっかり教えた事。

「決して同じ命は無い事」
ゲームとは違う、空想の世界ではない事。
命の尊さ、そして、ペットは家族だと言うこと。
それを知って欲しかった。
飽きたから、病気だからって変えられるような簡単な物では無い事。
捨てられるような軽い命ではない事。
「二度とウェルやココに向かってそんな哀しい事、言わないで。次に言ったら、絶対に許さないから」

この子がこのまま大人になった時が怖かった。
命の大切さを知らないまま将来大人になるのはだけは…。
それだけは…。

甥っ子は泣いて誤っていたので今回だけは許しました。
(兄にしっかりお灸をすえられた様子だし)


私たちは確かに無力かもしれません。
こんな事があっても何の手助けも出来ない。

でも、この事件があった事を一人でも多くの人達に知ってもらい、今一度「命の大切さ、尊さ」を考えていただけたら…

そうしたらこの先、哀しいワンコ達が少なくなるのではないのでしょうか?

保護された53匹のワンコ達がこの先幸せに暮らしていけるよう…
ただ、ただ、願うだけです。




スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
| ココ〔セキセイインコ〕&ウェル〔パピヨン犬〕?Wonder land? |

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

いくつになったの